きままなたわごと


profile


kazeken

Author:kazeken
風がことのほか大好きな風来坊です。
普段は多忙の為
なかなか旅さえも出来ないけれど
心は気ままな風のようでありたい
泡盛と音楽を愛する風来坊です。



A latest story




Comment




Category


風の戯言 (497)
風の旅 (64)
風の音 (58)
風の食卓 (55)
風の本 (17)
風のBest3 (0)
未分類 (11)


Archive Moon




Track back




Counter




検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QR


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.06.26  二番煎じ <<08:23


中村中「二番煎じ」Mini Album YAMAHA
110626ataruniban.jpg

1.強がり
2.潮騒静夜
3.晴れ舞台
4.回転木馬
5.手紙を書いてよ

あたるちゃんのミニアルバムである。
すでにこのあとにフルアルバムもでてるけど
まあ…まてよと^^

タイトルに「二番煎じ」とあるのは
収録されてる楽曲があたるちゃんの作品でありながら
戸田恵子さんとかジェロとかスターダスト・レビューとかに提供して
すでに世に発表されてるので「二番煎じ」とつけたのだ。
正直なあたるちゃんらしいと思った。

よく人に楽曲を提供して
その提供した楽曲が大ヒットして
ここぞとばかり相乗りで提供した筈の曲を
自分のアルバムとかに入れて
「ほんとうは俺が本家なんだぞ!」って感じで
急遽発売する輩もいるけれど
それって…なんかイヤだなあ…って思った。

残念ながら
あたるちゃんの提供した楽曲はほぼヒットしてないので
ほとんどの人は知らないだろうけれど
それでもあらためて愛すべき楽曲をあつめて
ミニアルバムとして出したところが
あたるちゃんらしいんである。

〈聴き終えて〉
5曲全部がおとなしいかんじなので
際立って乗り乗りってかんじでもないが
午後の静かな時間に聴きたいアルバムかな?と。

あたるちゃんの魅力である荒削りで
無指向性に放たれる新たなる才能は押さえられ
おおっ!ってかんじの衝撃を僕は感じなかったけれど
どこか
ほっこりするやさしさは感じた。

僕の中では
「さよなら十代」とか「愚痴」さらには
「私を嘲笑ってよ」とかみたいな
あたるちゃんらしい力強くもしんみり心に沁みるような
そんな曲を聴きたいんだよなあ。
でも…
うんうん。
これはこれで
わざとらしくないあたるちゃん的なところがいいんだけどね。


No.315 / 風の音 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。