きままなたわごと


profile


kazeken

Author:kazeken
風がことのほか大好きな風来坊です。
普段は多忙の為
なかなか旅さえも出来ないけれど
心は気ままな風のようでありたい
泡盛と音楽を愛する風来坊です。



A latest story




Comment




Category


風の戯言 (497)
風の旅 (64)
風の音 (58)
風の食卓 (55)
風の本 (17)
風のBest3 (0)
未分類 (11)


Archive Moon




Track back




Counter




検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QR


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2013.06.30  愛されすぎた女 <<17:46


「愛されすぎた女」大石 圭/徳間文庫
aisareonna_keiohishi.jpg
〈物語〉
三浦加奈、30歳。生まれつきの美貌でタレント活動をしたが芽が出ず、
今は派遣社員。金使いの荒さからカード破産目前である。
こんなはずじゃなかった……。加奈の目標は、玉の輿結婚。
そんな彼女の前に現れた、岩崎一郎。年収は一億円を超えるが、
四度の離婚歴があるという。加奈は不安を感じつつも岩崎と交際を重ね、結婚にいたる。
やがて岩崎は、加奈に異様な執着を見せ始める……。
日常の中に潜む狂気。やがて繰り出される剥き出しの暴力と官能。

〈読み終えて〉
ふと気がついたら
最近大石 圭氏の作品を多く読んでた。無意識にだが。
氏の作品に出てくる主人公たる女性は美人でスタイルがよく
とてもエロティックでいわゆるソソる女であり……淫乱である。
そして交わる男たちも性豪だったりする。
そんな魅力的な主人公だから
えっち系が嫌いじゃない僕はついついページをめくってしまう。

主人公の立場で書いてあるから
読み手も主人公の立場で目で物語を目撃してゆく。
それが氏の策略とも知らずに^^

加奈と結婚した岩崎一郎。
だんだん日が進むにつれて夫の異常性に怯え始める。
なぜ?そんなことまでするの?
「君を愛しているからに決まってるじゃないか」
「愛してるから……」それで不安ながらも女は納得する。

やがて加奈は過去に別れた妻に会ったり
昔の彼に会って夫の妻の過去を調べてもらったりする。
最初と二番目の妻は普通に離婚したが
三度目はヨットの上から転落して死亡
四人目は夫と今暮らすマンションで首を吊って自殺したことを知る。
旋律が走り
やがて夫への疑惑と恐怖が加奈を襲ってくる。

やがて衝撃的なラストまで
暴力と官能とサスペンスの入り交じったドラマが繰り広げられる。

読み終えて…まてよ?と思った。
主人公の立場で目で物語を読んでので酷く恐ろしい夫だと思ってたけれど
最後は夫である岩崎一郎が可哀想になった。
確かに彼にはやや異常性はあるものの
加奈が「幸せになりたかった」ように
彼も4度の離婚を経験してるので単に「今度こそ幸せになりたかったのだ」
悪魔に見えた夫
でも…ほんとうの悪魔は加奈だったのかもしれない。
スポンサーサイト


No.701 / 風の本 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← そういえばニューキャッスル / Home / 桂庵の冷やし海苔蕎麦 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。