きままなたわごと


profile


kazeken

Author:kazeken
風がことのほか大好きな風来坊です。
普段は多忙の為
なかなか旅さえも出来ないけれど
心は気ままな風のようでありたい
泡盛と音楽を愛する風来坊です。



A latest story




Comment




Category


風の戯言 (497)
風の旅 (64)
風の音 (58)
風の食卓 (55)
風の本 (17)
風のBest3 (0)
未分類 (11)


Archive Moon




Track back




Counter




検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QR


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2013.06.30  続・そういえばニューキャッスル <<17:48


昨日土曜日は月に一度の出勤日だった。
何の問題も無く定時の3:30になり
タイムカードを押して会社を出た。

土曜日の銀座はウェークデーとは違って
観光客で溢れてる。
歩行者天国になってる中央通りを突きって
そのまま柳通りを歩いてく。

廃墟になった旧ニューキャッスル前に来た。
右側の壁は当初家主(二代目)からの
閉店のご挨拶だけだったが
いつのまにかそれに遠くから来たファンのコメント伝言板とかになったりして
新しいニューキャッスル(三代目)のお知らせも其処に貼ってあった。

そして
「ポンちゃんのこと」としたカラーのプリントアウトも
ずっと貼られてあったのに気づいていたが
さほど気にせず読みもしなかった。
元気に暮らしてる近況を書いてあると思っているからだ。

朝晩時間に追われてなかなか見る事がなかった
その「ポンちゃんのこと」を昨日は
立ち止まってちゃんとみた。

えっ!うっそ……
なんてこった……

僕はポンちゃんの写真つきのレポートを読んで愕然となった。

ポンちゃんはすでに5月の23日に
この世を去っていたのだ。
そのレポートは新しい買主である人の書いたもので
肝臓系の病気で薬を優先させるていだが
余命幾ばくも無とわかったとき
大好きな食事を優先させたそうだが
最後は舐めるのが精一杯だったようだ。

僕はその時
チョロを思い出してた
大好きなママである姫に無理矢理薬を飲まされて
姫を悪魔に見えただろうこと

最後はお腹が熱いのか
陶器の洗面ボウルの中にはいって
可愛い声さえ出せずに
寂しそうに僕を見ていた事
一気に甦ってきたんだ。

あんなに気ままで気軽で元気で
誰彼無く銀座を我が物顔で徘徊し
みんなに愛されてたポンちゃん!

ポンちゃんが死んでたなんて!
けっこう効いた
ボディブローのように
胸に効いた
2013.6.29.sat
スポンサーサイト


No.703 / 風の戯言 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

Home / そういえばニューキャッスル →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。